マンション売却「失敗しない為に」

マンション売却の実例をお話ししましょう。

マンションンの売却は成功するとは限りません。失敗をしてしまった例もあります。その失敗した例を知っておくことで失敗を免れることになるかもしれません。
失敗した例ですが売主は
自宅マンションを売却して、新しい別のマンションの購入を考えていました。

 

売却を考えた時、そのマンションの住宅ローンには残金がありました。そこで買い替えローンを利用し売却したマンションの売却益でローンの返済という計画でした。専任媒介契約をし対応しました。
しかし売却予定のマンションがいつまで経っても売れず、新しいマンションへ入居しました。
分かりますね。二つのマンションのローンを抱えてしまったのです。

 

 

マンション売却で一番大切なのは、不動産業者選びです。
不動産業者を選ぶにあたって、知名度や会社の規模などばかりに気を取られてはいけません。
近所で同じような物件の売却実績があるかどうかというのもその地域への密着性を知ることができます。複数の業者を比較して決めましょう。

 

マンションの売買も売主がいて買主がいる取引です。

 

買主は売主にとってお客です。
しかし売主は不動産業者を通しての売買になりますから売主としての意識が薄れるものです。いえいえ、売主の中には不動産業者のお客である気になってしまう者もいます。

 

もちろん、不動産業者から見れば売主はお客でしょう。しかし、売主は不動産業者任せにしてはいけません。
例えばマンション売却が失敗したとしましょう。売主は原因がすべてを不動産業者に押し付けるものです。
そこで不動産業者とある程度密着した関係を築いておくことも重要です。
売主は販売価格に執着してはいけません。あまりにも高額のままで売りたいという以降のままでは売り時と言うタイミングを逃してしまうことになります。

 

マンションの売買には、不動産業者の活動のそれはマンションの売買でも同じです。不動産会社に任せ切るのでなく売主としてできることをしっかりと行いましょう。よい売買契約の成立ができるように売主と不動産業者が一致団結したいものです。