マンション売却と媒介契約

媒介契約について

不動産の売却を個人でやろうというのは困難なことです。一般的には専門家である不動産会社に依頼し執り行われます。
もちろん不動産業者に依頼すれば
手数料がかかります。この手数料は安い金額ではありません。もったいないと、思うことでしょう。しかし現実的に自分で売却をし手続きをするのはとても難しいことです。

 

このマンションの売却を不動産会社に依頼することは媒介契約と呼ばれます。

 

媒介契約の3つのパターンを紹介しましょう。
『一般媒介契約』
・一番自由度が高い
・複数の業者と同時に契約してもOK
『専任媒介契約』
・他業者への依頼はできない
・専任媒介契約を結んだ不動産業者は依頼主に対して2週間に1回以上の状況報告をしなければならない
『専属専任媒介契約』
・1週間に1回以上の報告が義務付けられている
・状況によって営業戦略を見直すことも可能
・一つの不動産業者だけがマンションの売却の世話をすることになる
・業者の役割が非常に高くなる
売買が成立すれば、手数料が手に入ります。
これらの契約の状況を見て比較すると『
専属専任媒介契約』は契約が成立すれば確実に業者の収入となります。しかし『
一般媒介契約』は買い手を見つけても、契約に至らなければ、不動産業者の収入にはなりません。つまりその営業に熱が入るかどうかと言われれば熱心とはいかないかもしれません。

不動産売却専門サイトがインターネット上にあります。

 

そこでは無料でマンション売却には「査定」は欠かせません。
まずこの査定価格ですがあくまでも査定価格です。この価格は販売できる価格ではありません。ものには状態と言うものもついてきます。状態が良ければ上乗せもあるでしょう。またマンションなどの物件は立地条件も左右されます。便利が良く環境が良ければまた上乗せポイントになります。
しかしあくまでもこの査定価格は目安です。ですからたくさんの不動産会社で査定をし査定価格の良い業者を選ぶというのは間違いです。
不動産業者の役割は売り手と買い手の仲介役です。買手からもう少し安く等と言われれば売り手に交渉してくることでしょう。その時の交渉の技術があるかないかも売買価格に影響します。
ですから
不動産業者の選びは重要です。
また売主もしっかりとした態度をとらなければなりません。まず、いくらの売値を希望しているか明確にしておきましょう。それはべら棒に高い金額を提示しても無理難題です。査定価格を相場としてここまでなら値引きできる金額も決めておきましょう。
また
不動産業者への手数料や税金もまた
引っ越しもしなければならないのです。売買に価格る費用も加味し計算しておかなければなりません。
マンション売却の理由は転勤になってしまったとか定年になり地元に帰るなどいい理由もありますが
住宅ローンの支払いが困難になった、離婚をした、リストラに合った…などなど売却せざる負えない理由の方もいます。理由によっては売買の最低金額もあるでしょう。相場をしっかりと把握し良い取引をしましょう。